FC2ブログ
先日(6/17)小川紀美代さんのコンサートを聞かせて頂いた事はすでに書きましたが、
3日たった今でもその中の一曲「トゥクマンの月」が頭から離れません。

ネットで調べてみると・・・

「フォルクローレの珠玉の一曲」・・・とか
作曲者の「アタウアルパ ユパンキ」を
アルゼンチンの至宝,南米フォルクローレの最高峰・・・とか

私、恥ずかしながら「ユバンキ」も「トゥクマンの月」も今まで知らずにいましたが、
やっぱり名曲と言われる由縁を自分自身肌で(心で?)感じ、納得しています。

この曲、「ルナ イ ソル」のレパートリーにある「灰色の瞳」と同じく、
「アルゼンチン サンバ」のリズムで実に心地良いです。

私たちでも出来るかな??

もう、構想は出来ているんです。
まずはボンボでサンバの力強いリズムを刻み・・・
アコーディオンでメロディーを重音で歌い・・・
ギターはベース音に変化をつけながらサンバのリズムを刻み・・・
ケーナは遠くの山の初環雪の用に優しくオブリガートを・・・

そして時にメロディーをケーナに変え、今度はアコのコード和音で全体を優しく包むように・・・

なんて・・・考えながら

次は楽譜お越しがんばります。

スポンサーサイト




【2012/06/20 08:31】 | アコーディオン トラックバック(1) |