今、国会の内外で「安保法案」 反対の大合唱が渦巻いているのに
与党は是が非でも「安保関連法案」を押し通そうとしています。

私は廃案以外にないと確信していますが…
ふっと考えると・・・
与党は何故ここまでして押し通そうとするのかが
本当に不思議でなりません。

国の防衛の為に・・・

理屈的には解りますが、
それでは、何のための防衛何だろう??って考えてしまいます。

領土・国民をを守るために・・・

これが本当なら平和外交やら・・・まだまだ他の方法はたくさんあります。

ですから・・・実はこんな理由はどれも当てはまらないのです。
要は、現政権を握る「安倍」やその周辺の人たちの個人的な満足感だけです。

「私(私達)がこの仕組みを作った」・・・アメリカさん私すごいでしょう。
「これであなた方の企業も安泰です。」・・・兵器産業の社長さんご褒美に献金たくさんください。(今まで以上に・・・)

「どうせ、税金上がって苦しむのは庶民。」
「戦争に行くのも庶民。」
本当に大事になってしまって、自分たちのところに火の粉が飛んできそうなら「そこで手打ち」

「安倍首相」の人間性に嫌気がさしてきます。

でも・・・そうやってぼやいていても・・・
参院の60日ルールと言う仕組みもあり、法案は成立してしまうかもしれません。

私はなんとしても廃案にすべく

ここに絶対反対の意思表示をします。
スポンサーサイト

【2015/08/22 23:32】 | アコーディオン トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック