昨日ある地方議員のwebサイトを見ていて・・・
チョット気になる現象を見つけました。

今国会で審議中の「安保関連法案」
そして、国会議事堂前やそれだけにとどまらず、
日本のあちこちで叫ばれている「安保反対の声」
今まさに日本国民の最大の関心事ともいえるこの問題に関して
反対運動の評価をしない議員の多い事、
そして、じゃあ法案に賛成なのかと言えば、それさえも意思表示を避けている・・・
つまり意思表示をしないで通り過ごし、どちらの立場の票も自分に取り込みたいとの目論見がいやらしいほど目につきます。


選挙が民意の反映である事は間違いありませんが、現在のように高度に発達した社会の中では、私自身すべての政策に100%同調できる人など一人もいません。投票した方にすべて任せているわけではないのです。
今後の判断材料の為にも、地方議員であろうとも今一番の関心ごとである「安保法案」、せめてこの法案に対して意思表示が欲しいです。
私達一般庶民でさえ、リスクを背負いながら意思表示しているんだから・・・
スポンサーサイト

【2015/09/02 08:23】 | 日記 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック