アコーディオンて一人オーケストラとまでは行かなくても、
一人バンドくらいの事はすぐに出来てしまうんです。

そこがアコの良さの一つなんですが・・・・

だとするとバンドの中の一員としてのアコーディオンってどういう存在なのだろうね。

二組のバンドの共演??

バンドの一員としてのアコとなると、楽器をフルに使わずに右手だけで
ポイントごとに装飾を入れたり、バッキングしたり・・・

こんな事の方が圧倒的に多いように思うんです。

某アコ関係の掲示板に登場する○君いわく

だから「アコーディオンはソロ楽器」って事なんだと思うんだけれど・・・

って言うより、アコーディオンの認知度(楽器の特質としての)がまだまだ低いのかな??

スポンサーサイト

【2011/09/18 08:06】 | アコーディオン トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック