「ルナ イ ソル」本当に久~~しぶりに集まりました。

・・・と言っても・・・
以前からの「ルナ イ ソル」のメンバーは2人だけ
昨日は、それに新メンバー? の〇〇君を含めて3人での練習

いえ、〇〇君は初めてですので、練習と言うよりは、やっぱり顔見世程度かな??

しかし、〇〇君 楽譜はバッチリ読めるので、
初見でも結構私たちについてきます。

やっぱり楽譜が読めるって素敵な事です。

まだ、正式に決まったわけではありませんが、
5月のステージは一緒に・・・と言う事で
了解をいただきましたので、
これからは練習も頻繁に設定して
猛練習です。

フォルクローレの難しさは、リズム形式の豊富さにあります。
そして・・・楽譜にはなかなか表しにくい独特の感覚は
やっぱり体で覚えていかないと・・・

たとえば・・・

二拍子と三拍子が同時進行していくような感覚は
何とも不思議で・・・
そんなところがまたフォルクローレの特徴で、素敵な所なんですが・・・

まぁ、楽譜と言うものがまだ存在ないような時代から
口伝えや耳伝えと言う方法で伝承されてきた音楽ですから
これを100%楽譜にする事に無理もあるし・・・

楽譜を参考に、あとはお互いに「こうだ! いゃ、違う!」なんて
話をしながら続けて作り上げていきたいです。

「ルナ イ ソル」今後は楽器の構成も若干変わり
今までやってきた曲で、出来なくなってしまうものもありますが、
逆に今までとはまた別の魅力も出せそうです。

また、楽しみが増えてきました。
スポンサーサイト

【2013/02/18 08:06】 | アコーディオン トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック